Hello, AMPs

ダジブロ

お金 、健康 、芸能、スポーツ、漫画 、オリジナル小説について記事を書いています!

ヒカルの碁名勝負 ~ヒカル vs 越智~


スポンサードリンク

ヒカルの碁の連載が終了して15年以上が経ちました。
この漫画は当時の囲碁ブームを巻き起こし、囲碁が分からない人でも楽しめる漫画です。

そこで、プロ試験でのヒカル vs 越智の名勝負について解説したいと思います。


プロを先生と呼んで指導をして貰っている越智はアキラに指導して貰うことになりました。
しかし、越智はヒカルの実力を知りたいアキラに自分をヒカルのあて馬にする事がバレて、アキラに怒り、指導を断りました。

 

ヒカルとの対局で反則をして不調に陥った伊角に1敗し、越智は祖父に心情を悟られ、アキラを指導の先生としてまた呼ぼうと考えました。
ヒカルのプロ試験での成績やヒカルに勝利した本田が勝利したヒカルの実力に怯え、 プロ試験合格も不安になってくる越智。


一刻も早く不安から解放されたい越智はたまらず祖父に「アキラを呼んでほしい」と頼み、アキラの指導が始まります。

ヒカルの現在の力量を測りたいアキラはプロ試験終了までの3週間、越智をマンツーマンで徹底指導します。
アキラは秀策の棋譜を並べようと指示します。
そして、アキラは韓国の研究生スヨンとヒカルの対局の棋譜を並べ、越智はヒカルの今の実力に畏怖します。

 

アキラにライバル視して貰いたい越智は指導中もアキラがライバル視しているヒカルに嫉妬し続けていました。
そして、いつまでも教えた事を実践しなく、ライバル視をして貰いたいことをずっと気にして指導にやる気がないように見えたアキラは越智を怒ります。


そして、越智を納得させる為にヒカル2年前、佐為が打ったアキラとの対局の棋譜を始めて並べ、越智が驚愕します。

そして、プロ試験を合格し、1敗を守った越智はアキラにヒカルに勝ったら「自分をアキラのライバルとして認め、塔矢名人の研究会に通わせてください」とお願いします。

 

そして、対局当日。
対局前にヒカルにヒカルを倒すために毎晩のようにアキラと対局していることを明かしました。
そして、アキラがヒカルの事を何もライバル視していなく、ヒカルに勝てばアキラが越智をライバル視してくれ、その理由は単に1敗を守りきったらと嘘をつきました。
そして、ヒカルはアキラに問いかけるように越智に勝てば自分がアキラのライバルとして認めると言い放ちました。

 

そして、いざ対局。
序盤で激しい戦いが始まり、甘く打ったヒカルを越智が一気に攻めます。
形勢が悪いヒカルはケシを睨みながら、別のヨミ筋を狙います。


しかし、ヒカル対策をした越智はヒカルの狙いをヨミ切り、ヒカルの狙いをかわします。

ヒカルも粘り、わずかなスキを見せた越智を一気に攻め、形勢を五分五分に持ち込みます。
そして、終盤の攻防の末、ヒカルが1目半で勝ち、プロ試験に合格しました。

 

棋院で結果を知ったアキラは越智に対局の棋譜を並べて貰うために越智の家に行きます。
しかし、越智は「負けた碁は見せたくない」と言い、それを拒否します。

 

この一局でヒカルを完全に意識したアキラは自分の目でヒカルの実力を確かめようと決めました。

この戦いは越智、アキラ、ヒカルの3人の想いがこもった一局でした。

 

突然弱くなったヒカルに興味を失い、院生になってからまた徐々に興味を持ち始めずっと謎めいたヒカルの実力を図りたいアキラ。
ヒカルに勝ってアキラにライバル視してもらいたい越智。
アキラに佐為ではなく自分の成長を見て貰いたいヒカル。

 

3人の思いが交差する中、ヒカルが勝利しました。
この結果でアキラとヒカルはライバル関係となり、越智はアキラの眼中にもなくなりました。
挫折を味わった越智はプライドが高く、ここから這い上がりを決めるのでした。


スポンサードリンク