Hello, AMPs

ダジブロ

お金 、健康 、芸能、スポーツ、漫画 、オリジナル小説について記事を書いています!

固定資産税


スポンサードリンク

f:id:masahirokanda:20200726233541j:plain


今回は固定資産税について解説します。

固定資産税は必要だと思いますか?

 

固定資産税は富の再分配という意味である程度は必要だと思います。

広い土地や大きな家、マンションを持っている世帯から、多く徴収し、土地や家、マンションを持っていない人には一切徴収されません。

現在の固定資産税は課税標準額の1.4%、都市計画税は課税標準額の0.3%です。

ですので、税金を徴収し、それを再分配する事で貧富の格差をなくす為に、ある程度は必要ですが、固定資産税は全て、地方税という点が難点です。

 

固定資産税は全て、地方税となっており、土地や家といった固定資産を持っている各都道府県、各市町村から徴収されます。

 

つまり、その都道府県、市町村の土地の価格や家、マンションの価値が高いと、多く徴収でき、都会な都道府県、市町村ほど、より人が集まり、もっと多く固定資産税が徴収でき、よりリッチになるという事です。

 

つまり、各地方によって都道府県、市町村の住民の格差が生じてしまうのです。

地方の過疎化はもしかしたら、固定資産税も原因かもしれません。

 

固定資産税がより多く入る都道府県、市町村はその税金でもっと立派な施設や建物を作ったり、インフラを整える事ができます。

 

例えば、固定資産税の一部を国税にしたり、ある額以上、徴収できた都道府県、市町村はその上回った額を国に納める等、今一度、固定資産税の在り方を見直す必要があるのです。

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村


スポンサードリンク