Hello, AMPs

ダジブロ

お金 、健康 、芸能、スポーツ、漫画 、オリジナル小説について記事を書いています!

デスノート考察 ~デスノートが存在しない現実の世界でキラの目指した新世界は実現出来るのか?~


スポンサードリンク

f:id:masahirokanda:20200726105338j:plain

今回はデスノートが存在しない現実の世界でキラの目指した新世界は実現出来るのか?について考察してみたいと思います。

 

まず、キラが目指した新世界は以下の様になります。

 

・キラが法となり、キラの独断で死の裁きとなる者を決める。

・計画犯罪者や人を苦しめ死に追いやる人間のいない世界を作る。

・真面目で心が優しい人間達だけが存在する世界を作る。

・能力を活かさず、社会貢献しない怠惰な人間には死刑または何らかの裁きをする可能性はある。

 

犯罪者が恐れるのは死刑になる基準が明らかに今の基準より低くなる事と裁判をせずにいつ死刑になるのか分からないという恐怖を抱えながら、日常を過ごすという事です。

勿論、殺人犯罪だけではなく、巨大脱税、汚職、悪徳商法する人達は即死刑となります。

 

これらを現実の世界で実現するにはまず、政治家になり、多数派の党を作り、憲法を改正し、司法権をキラが持つ事と刑法を変え死刑になる犯罪の種類を増やす必要があります。

 

逆に言えば、これさえできればデスノートみたいに数秒や遠隔で人を殺せる事が出来たり、死因、死の状況、人の行動を操ったり、名前や顔を知る必要がなく、捕まえた犯罪者を即死刑にする事は可能です。

 

しかし、これだけではデスノートなしでは新世界は作れません。

何故なら、犯罪者は必ず警察が捕まえて、人の手で犯罪者を死刑にしなければならないからです。

キラが犯罪者かどうかを知る手段は警察です。

キラは犯罪者かどうかを独自で調査する事はできず、基本的には警察が捕まえた犯罪者や追っている犯罪者しか殺害出来ませんでした。

よって、例えば全国民の体の中にICチップを埋め込ませて、逃亡しても常に居場所が分かるようにして短期間で捕まえる必要があります。

 

しかし、全国民が自分は犯罪者ではなくても冤罪でキラに即死刑にされる恐れがあり、明らかに人の行動が制限され、発作的に犯罪を起こしてしまったり、意図的ではないものも犯罪をしてしまったり等、いつ自分が犯罪者になるのではなかという不安や恐怖を抱えながら、日々を過ごすというデメリットはなくなりません。

 

そして、これを世界中の国全てで実現する必要があるという事です。

これを実現するのはかなり難しいですが、実現出来る可能性はあるという事です。


スポンサードリンク