Hello, AMPs

ダジブロ

お金 、健康 、芸能、スポーツ、漫画 、オリジナル小説について記事を書いています!

アリックスに勧誘された時の話


スポンサードリンク

f:id:masahirokanda:20200726230041p:plain

さて、二回目の今回はアリックスに勧誘された時のエピソードを暴露したいと思う。

 

ダジリは2016年4月に初めて、アリックスに勧誘された。

アリックスといえば、当時、初めて報酬プランにマルチラインを導入したとして新興ネットワークビジネス会社として、若者の間で盛り上がっていた。

 

勧誘してきたのはSNSで知り合った当時31歳の男性。

新宿のカフェで会う事になった。

初め、ダジリがアムウェイの製品の話をして、アリックスから出ている同じ様な製品の話をされ、アリックスの製品の方が価格も安く、性能も上という事だった。

 

無知だったダジリは取り敢えず、後日詳しく説明してくれるという人と会う事に。(ABCの形)

 

後日、新宿のハンバーガー屋で会う事に。

Aさんからはねずみ講とネットワークビジネスの違い、アリックスの会社概要、製品、報酬プラン、グループメンバー、スタートパックについて丸一日中、事細かに説明され、疲れ果てた所に登録用紙を渡して来た。

 

単純に良いと思ったダジリはその場でサイン。

後日、クレジットカード決済をする事に

初回注文はMAXの13万円くらい。

1系列振り切ると、マルチラインの1系が増えるが、初回、13万円注文すると最初からライン5系列用意されるので、13万円を押してくる。

 

そして、合言葉は登録してから2ヵ月で直紹介4人出す。

登録してから、2ヵ月で直紹介4人出すとゴールドメンバーステータスというものになり、もしなると仮にその直紹介4人が全員辞めてしまっても、その下のメンバーのマッチングボーナスが永久的に貰えるからだ。

 

後日、アップラインのリーダーと直接会う事になった。

一人目は東新宿のロイヤルホストで会った当時、23歳のネットワーカー。

ネットワークビジネスの知識は豊富で理論的だった。

ただ、利己的でコミュニケーション能力はなかった。

 

二人目は池袋のカフェで会った当時、27歳のグループリーダー。

コミュニケーション能力もあり、グループのカリスマ的存在だったが、イマイチ信用に欠け、悪い印象だった。

そして、会った時に他にもグループメンバーが4人いた。

会って報酬プランを説明されたが、この後直ぐに埼玉に移動して、プレゼンらしく30分くらい説明されただけだった。

 

クレジットカード決済をしていなかったダジリはこの時点で、登録を取り消そうと決めた。

 

しかし、最後の確認として、東新宿のロイヤルホストで会った当時、23歳のネットワーカーに何点かネットワークビジネスの欠陥について質問してみたいと思い、後日、東京駅のマクドナルドで会った。

 

そして、ダジリはネットワークビジネスの欠陥について説明して、彼に聞いた。

そうしたら、その欠陥を認め、最終的にはグループメンバーの成功はどうでも良く、自分と家族の成功だけしか考えていないと暴露した。

 

予想していた回答だったが、呆れた。

 

そして、その夜に直接勧誘してきた30歳の男に辞める旨のLINEをし、彼に説得されたが、無視して辞めた。

 

風の噂で後から判った事なのだが、

 

その2ヵ月後、23歳のネットワーカー初め、彼以下のグループメンバーは組織崩壊して全員が辞めていた!

 

まぁ、予想はしていたが。

 

そして、その約8ヵ月後、久しぶりに23歳のネットワーカーから連絡が来て、秋葉原のカフェで会ってみる事になった。

案の定、彼が今やっていた他のネットワークビジネスの勧誘だった。

勿論、やる以前に彼に対して、信用はなかったので、断った。

 

その数ヵ月後、彼はそのネットワークビジネスを辞めていた!

 

初めてアリックスに勧誘されてから、ダジリは1年半でアリックスをやっている人と15人と会ってきたが、一貫してアリックスやっている人の特徴は兎に角、騙されている若者が多い。

そして、他のネットワークビジネス会社から移籍してくる者が多いという印象だ。


スポンサードリンク