Hello, AMPs

ダジブロ

お金 、健康 、芸能、スポーツ、漫画 、オリジナル小説について記事を書いています!

フォーデイズに勧誘された時の話


スポンサードリンク

さて、八回目はフォーデイズに勧誘された時のエピソードを暴露したいと思う。

 

フォーデイズ核酸ジュースを販売している会社で、日本のネットワークビジネス会社の売上はアムウェイに次いで2位の大きな会社だ。

全国の駅前にバンバン広告を出したり、横浜スタジアムにも広告を出している。

 

しかし、老人への膨大な量の買い込み、悪質な勧誘、不実告知、薬事法違反等で2017年11月から6ヶ月間、業務停止の行政処分が下された。

 

ダジリは2017年1月に初めて、フォーデイズに勧誘された。

勧誘してきたのはSNSで知り合った、20代前半の男性。

 

池袋のカフェで会った。

聞くところによると、彼は最近、大阪から東京へ転職して来たらしく、コールセンターの仕事をしながら、フォーデイズを頑張っているらしい。

 

ダジリは当時、KZ1を始めたばかりで、フォーデイズをやる気は毛頭なかったが、取り敢えず、情報として手に入れられる為にフォーデイズの話を聞こうとした。

 

しかし、彼はダジリの夢、やりたい事、お金の話を聞くばかりで、一向にフォーデイズの話をしなかった。

 

結局、彼は他のネットワークビジネスの会社の悪い事を言い出して、売上の伸びを根拠に成功できるのはフォーデイズだと言い出した。

(制限のない老人への大量買い込みのおかげで売上が伸びたんでしょ?笑

アムウェイもそうだけど、買い込み制限のない会社は一時的な売上は伸びるよ。笑)

 

あまりにも頭が悪すぎて、ダジリは帰った。

 

そして、その年にフォーデイズは業務停止を食らってしまった。

その後、ダジリはフォーデイズをやっている人と何人もあったが、お茶会等の勧誘はしつこかった。


スポンサードリンク