Hello, AMPs

ダジブロ

お金 、健康 、芸能、スポーツ、漫画 、オリジナル小説について記事を書いています!

JM Ocean Avenueに勧誘された時の話


スポンサードリンク

f:id:masahirokanda:20200726230041p:plain

さて、九回目はJM Ocean Avenueに勧誘された時のエピソードを暴露したいと思う。

 

JM Ocean Avenueは中国のECサイト(ネットショップ)会社で、JM Ocean Avenue側が提携したお店の商品をネットショップで販売でき、その売上額に応じて、お店側から報酬を貰うという良くあるECサイトの仕組みだ。

 

しかし、普通のECサイトとは違うのは商品を買うお客がネットワークビジネスと口コミで

集めるという点だ。

勧誘したメンバーが買い物をするたびに、報酬が入り、それとは別に自分の系列とは全く関係のない、ショッピングメンバーが買い物する事で得られる報酬がある。

その分配率はタイトルで変わるというものだ。

そして、JM Ocean Avenueには毎月、一定額の買い物をする事で権利を維持できる株がある。

 

ダジリは2017年10月にJM Ocean Avenueに勧誘された。

勧誘してきたのは、知り合いから紹介して貰った元整体師でネットワーカーの32歳の男性。

 

新宿のカフェで会った。

聞くところによると、彼は以前、ニュースキンをやっていたらしく、現在はJM Ocean Avenueをやっていてそれなりのリーダーらしい。

ダジリは夢、将来やりたい事、お金等、マインドを聞かれ、紙とペンを使い諭してきた。

そして、JM Ocean Avenueなら毎月カニ食べたり、美容院行くだけ、その夢を叶えられるという事で、セミナーに勧誘された。

 

後日、ダジリは上野にあるJM Ocean Avenue本社セミナーに行く事になった。

JM Ocean Avenueは上野に自社ビルを持っていて、かなり綺麗なオフィスだった。

 

セミナー前にサングラスにヒゲの別のリーダーに挨拶され、「JM Ocean Avenueは勧誘の必要がなく不労所得が手に入る」と言ってきた。

この時点でかなり怪しかった。

そして、彼のメンバーの元看護士の女性も挨拶してきた。

 

そして、セミナーが始まった。

スピーカーは全国を飛び回っているトップリーダー。

主に、ECサイトの普及、JM Ocean Avenueの会社説明、商材、ビジネスプランの話だった。

そして、今、入ると〇〇人、限定でJM Ocean Avenueの上場前の株を買える権利を買えるストックオプション制度について、話してきた。

 

現在の株価は言い値で1株数円だが、2020年にNASDAQに上場予定だと言い出した。

既に、JM Ocean Avenueの関連会社2社を中国のある取引所に上場させていて、NASDAQに上場は絶対にすると言い出した。

もしそうなったら、NASDAQに上場した際の株価の最低取引価格が3$だから、最低でも100倍になると言い出した。

 

株を買う権利を維持するには、毎月ある一定額のオートシップが必要で、もし1ヵ月でも途切れさせたらその株は無効となる。

そして、株の買う権利を買うには、会員登録の為の費用を支払うことが絶対条件だった。

単元株で1000株からで、1000株買う為には会員になるための費用で最低でも18万円近くが必要で仮に、3000株保有する為には50万円近くが必要の事。

 

ただのネットショップで買い物するだけの登録費で50万円近く。笑。

もちろん、Amazonや楽天では無料。笑

 

セミナーの最後にJM Ocean Avenueに出店している漢方薬を売っているおばさんが商品のプレゼンをして漢方薬をくれた。

 

そして、セミナーが終わりダジリは上の階のオフィスに案内された。

 

ダジリの他に彼のメンバーからセミナーに参加していたサラリーマンやわざわざセミナーに参加する為だけに福岡から来ていた看護師がいた。

勧誘してきた彼はダジリ達にビジネスプランについてもう一度説明された。

 

そして、他のネットワークビジネスのリーダーが(フォーデイズ等)、株購入目的の為に、組織ごと、JM Ocean Avenueに移籍していると言い出した。

また、他のネットワークビジネスからJM Ocean Avenueに鞍替えを検討している人が〇〇いてバイナリーで今、入るとダジリの下に〇〇人つけてくれると言い出した。

 

そして、彼はダジリ達にJM Ocean Avenueの株の権利証を見せてきた。

といってもただの紙切れ一枚。笑

 

会社の株の総発行枚数は1000万株でビジネスメンバーを勧誘してタイトル取ると株を買える権利が増え、将来的に何億円の資産になると言い出した。

 

すると、一緒に聞いていたサラリーマンが100万円近く掛かる登録でスタートすると言い出した。

 

ダジリは止めはしなかったが、正気かと思った。

中国の企業がNASDAQに上場するなんてまず無理だし、ダジリは表情で断り気味でまた後日連絡しますと言い帰った。

 

あれから、2年以上経ったがダジリから彼に連絡はしていないし、彼からダジリに連絡も一切ない。

 

果たして、後1年でJM Ocean Avenueは本当にNASDAQに上場するのか?


スポンサードリンク