Hello, AMPs

ダジブロ

お金 、健康 、芸能、スポーツ、漫画 、オリジナル小説について記事を書いています!

ACNに勧誘された時の話


スポンサードリンク

f:id:masahirokanda:20200726230041p:plain

さて、十一回目はACNに勧誘された際のエピソードを暴露したいと思う。

 

ACNはアメリカの大手通信会社で日本には2016年に上陸した会社だ。自由電気事業をしていて日本ではズームエナジーという小売電力会社の代理店をしていて、そこからネットワークビジネスで会員を募集している会社だ。

 

ちなみに、その昔、日本に上陸した際にはサプリや携帯電話事業を展開していたが、全く流行らなくて撤退した。笑

 

ダジリは2017年12月にACNに勧誘された。

勧誘してきたのはSNSで知り合った35歳の建設作業員の男性。

 

渋谷のカフェで会う事に。

暫く雑談をして、彼はACNをやっている事が解った。

最初はまぁ、普通のネットワークビジネスであんまり上手く行っていない人って印象だったが、実はとんでもない奴だった。

 

ACNの会社概要を説明され、彼はいきなりダジリに「ACNをやってくれ」と言い出した。

そもそも、アポ前に勧誘目的な事を告げないと特定商取引法違反。笑

 

しかし、ダジリは当然断った。

すると今度は「じゃ、毎月の電気料金が安くなるからお客として電力会社をズームエナジーに変えないか」と言ってきた。

 

ダジリは来月引っ越す予定だから、無理と断った。

まぁ、そもそも引っ越し予定がなくても変える気はなかった。

 

しかし、彼は引き下がらず、「手続きは数分で終わるからお願いだから、1ヵ月間だけでもして変更してくれないか?」とかなりのタメ口具合で勧誘してきた。

 

例え、ダジリを勧誘させても月数十円程度の利益しかない。

相当、お金に困っているという事がバレバレ。笑

 

ダジリはそれを断り、解散した。

 

後日ネット調べて、ACNに勧誘された事のある知り合いに噂を聞いたが「ACNは確かに契約の手続きは数分だが、解約の手続きは時間が掛かり、クソ面倒臭い。毎月の電気料金が数円安くなるだけで契約内容によってはむしろ大手電力会社の料金より高くなる場合がある」との事。笑

 

ダジリはこれまで100人以上のネットワークビジネスをしている人と会ってきたが、彼より酷い人はいなかった。


スポンサードリンク