Hello, AMPs

ダジブロ

お金 、健康 、芸能、スポーツ、漫画 、オリジナル小説について記事を書いています!

出版コンサルに勧誘された時の話


スポンサードリンク

さて、四回目の今回は出版コンサルに勧誘された時のエピソードを暴露したいと思う。

 

ダジリが出版コンサルに勧誘されたのは2017年11月だ。

勧誘してきたのはSNSで知り合った22歳の男だ。

 

新宿のカフェで会った。

初め、雑談をすると彼は元々SEだったが今は、出版関係のプロジュース業をしているらしい。

そして、出版コンサルをしているのは出版業界で有名なN氏らしい。

 

ダジリも当時から、出版には興味があり、セミナーに参加したいと思っていた。

ちなみに参加費は1万円。笑

 

そして、彼とは別れた。

 

しかし、セミナー開催日にダジリはちょうどハワイに行っており、参加出来なかった。

まぁ、時間が経つにつれて、1万円払って参加するまでもないとは考え直したが。

 

しかし、後日彼から連絡があり、N氏と繋がりがあるビジネス業界で有名な女と事務所で話を聞いてみないかという連絡が来た。

 

ダジリはちょうどその頃、会社を辞めて暇だったので、行ってみる事にした。

後日、ダジリは事務所がある下北沢に行った。

彼と下北沢駅で集合し、事務所に向かった。

 

事務所はかなり閑静な住宅街にあって、デザイナーズマンションだった。

部屋の中は中に階段がある2階建てでかなりオシャレな作りだった。

 

2階に案内されると、女がソファーに座っていた。

 

初めに女が「今日はなんで来たの?」と言って来たので、ダジリは「誘われたから来ただけ」と言った。

その発言が気に入らなかったのか、女の態度は高圧的になった。

 

そして、話を進めると女は元々、色々なビジネスをやっており、色々な詐欺にあって立て直し、今はネットビジネスのコンサルをやっているらしい。

 

しかし、話は盛り上がらずに、改めてもう一度出直すという流れになり、帰り際、次会う時までの宿題を出された。笑

 

その内容はN氏の出版した電子書籍を読む事とポッドキャストでN氏の対談を3つ聞く事だった。

 

そして、ダジリはその日はそれで帰った。

 

後日、ダジリは無料だったので、N氏の電子書籍とN氏の対談を聞いてみた。

内容は、過激なものだったが知識と考えとしてはわりと為になった。

 

しかし、ダジリは何百円もするだろう出版コンサルやネットビジネスコンサルはやらない事を決め、彼に次回会う約束をキャンセルした。

 

その後、彼からは一切連絡がなかった。

 

そして、その約1年後、インターネットで調べてみたら案の定、N氏の出版コンサルは詐欺扱いされ、被害者が続出していた。


スポンサードリンク