Hello, AMPs

ダジブロ

お金 、健康 、芸能、スポーツ、漫画 、オリジナル小説について記事を書いています!

アムウェイをやっていた時の話 第一章 ~その2~


スポンサードリンク

f:id:masahirokanda:20200726230041p:plain

続いての話は東京時代の話になる。

 

東京で働き始めたダジリは渋谷のアムウェイ本社のミーティングに行くようになった。

本社はかなり綺麗でミーティングにはかなりの人がいた。

 

そして、年末、S君のタワーマンションに遊びに行く事と名古屋にミーティングに参加する

為に東京から名古屋に行った。

S君のタワーマンションは前のアパートと比べて天地の差があった。

かなり広く、眺めも良かった。

 

そして、年明け、東京に知り合いのいないダジリは取り敢えず、愛知県の知り合いに連絡を取って、東京から愛知県に勧誘しに行ったりもしていた。

しかし、1ヵ月間保留されて、結局は断られた。

 

その後、情報が回ってきた上石神井で経済系のミーティングに参加したり、新製品や製品を大量購入してかなりアムウェイにどっぷりになっていた。

11月に愛知でサプライズで誕生日会を開いてくれてプレゼントを貰ったS君にお返しでS君に郵送でプレゼントを送ったりして、S君とはかなり親密な関係になっていた。

 

そして、2月のある日、大阪のエメラルドが東京でアムウェイのパーティーに遊びに来て、例の二子玉川のエメラルドのタワーマンションに遊びに行かないかと誘われた。

 

そして、ダジリは大阪のエメラルドと東京でアムウェイをやっているもう二人の人と一緒に二子玉川のエメラルドのタワーマンションに遊びに行った。

行くとかなりの高層マンションで中もかなり綺麗で広かった。

 

部屋にはダジリ達以外に1人女がいた。

暫く雑談すると、同じマンションに住んでいる別系列のダイヤモンドの部屋にも遊びに行った。

その部屋はかなり豪華だった。

 

そして、帰り際、ダジリは誕生日が近かった大阪のエメラルドにプレゼントを渡した。

以降、二子玉川で知り合った人や1人で渋谷のミーティングに参加したりしていた。

 

そして、2016年3月、東京に知り合いがいなかったダジリは知り合い作りの為に、SNSで繋がった人と会い始めた。

そして、恋愛マッチングサイト以外でSNSで知り合って生まれて初めて人に会った男がダジリの運命を変えた。

 

彼はダジリより1つ年下で秋葉原で会ったのだが、彼は何とアムウェイを知っていた。

このネットワークビジネスの仕組みはアムウェイしかなく、世界にアムウェイを知っているのはほんの一握りだと思っていたダジリにとっては衝撃的だった。

しかも、彼はアムウェイのビジネスプランを知っているのにビジネス活動はしていなかったというのだ。

しかし、製品は好きで今も愛用はしていると言う。

 

今までアムウェイを知っていてやっていない奴はバカだと考えていて、そう教育を受けてきたダジリは何も言えなかった。

 

以降、ダジリは4、5月とSNSで知り合った人と会いまくって様々なビジネスや投資を知り洗脳が解け始めてきた。

以前ブログに紹介した勧誘された話はここで会ってきたエピソードもある。

 

そして、ダジリはアムウェイで成功するのが難しく、もっと良いビジネスがあると思ってアムウェイを辞めた。

 

辞める際には今まで大量購入してきた製品で返品できるものは全て返品した。

返品総額は30万円は軽く超えていた。

しかし、大型製品のローンは50万円分程、残った。

 

アムウェイを辞めた事を知ると、大阪のエメラルドやS君から連絡が来たが、連絡を絶った。

ポイントが減って、自分の報酬が天引きされた事に気付いたのだ。

そして、誘った後輩もダジリの説得でアムウェイを辞めた。

 

アムウェイに出会って10ヵ月で知った事は アムウェイをやっている人はかなり、他のビジネスに疎く、アムウェイが絶対的な全てだと考えている人が多いという事だ。

そして、何よりも実はお金があまりなく見栄を張っている人が多いという印象だ。

アムウェイで稼いでいる人は実はセミナーのスピーカー料だったりする事が多い。

当然、ダウンは製品代、ミーティング代、アフター代、イベント代、交通費、アポ代等が掛かり、かなり生活が苦しい人が多い。

しかし、リーダー陣も自分達の生活だけで、精一杯という人が多く、奢る事ななく新規者には「金を持っているのにケチ」という印象を持たれる事が多い。

だが、実は実際にはそこまでお金を持っていないのだ。

 

以上がダジリが初めて始めたビジネスであるアムウェイの話だ。


スポンサードリンク