Hello, AMPs

ダジブロ

お金 、健康 、芸能、スポーツ、漫画 、オリジナル小説について記事を書いています!

アムウェイをやっていた時の話 第二章


スポンサードリンク

f:id:masahirokanda:20200726230041p:plain

続いてはダジリが二回目のアムウェイをやっていた時のエピソードを暴露したいと思う。

 

アムウェイを辞めたダジリが何故、再びアムウェイを始めたかというとやろうがやらないがどっちでも良かったからだ。

まぁ、強いて言えば、大型製品の交換品を新品で買え、Amazonで購入しなくても済むからだ。

 

ダジリを再び、アムウェイの舞台に連れ戻したのはSNSで知り合ったY君。

Y君とは2016年11月に知り合った。

Y君はダジリよりも2つ年上で京都大学の化学系の学部を卒業していて超賢い。

しかも、アムウェイのタイトルはアムウェイビジネスを始めて、わずか3年ほどでダイヤモンドを獲得した日本で僅かしかいない20代のダイヤモンドだった。

 

Y君と京橋のカフェで会うと、いきなりアムウェイをやっていてダイヤモンドだという事を告白してきた。

普段は京都に住んでいて、ちょくちょく東京のセミナーのゲストに呼ばれるらしい。

そして、半年前までダジリがアムウェイをやっていた事を話すと、前のグループの異常性、製品の事を話した。

ちょうどこの頃、ダジリは大型製品の交換品を買い替える時期でAmazonで買おうか迷っていた。

 

Y君は化学系の学部卒という事で健康、美容には滅茶苦茶詳しかった。

ダジリは健康、美容系の知識を得る事を目的にY君と親しくなろうとした。

 

後日東京に来ていたY君と東京駅のカフェでアムウェイの製品パンフレットを見せて貰って、色々と健康、美容知識を教えて貰った。

Y君は喋りも上手く、ダジリは普通にアムウェイの製品が欲しくなった。

 

12月頭、Y君はアムウェイの世界トップのN氏主催のミーティングにゲストで呼ばれたという事で東京に来て会う事になった。

ダジリはN氏がY君に用意した渋谷のセルリアンタワーという1泊数万円はする高級ホテルに呼ばれた。

部屋に行くと窓から渋谷の景色が一望できた。

そして、一番驚いたのがルームサービスのコーラが1500円だったという事だ。笑

Y君からミーティングの映像を見せられてその日は帰った。

 

そして、12月25日クリスマス。

ダジリは再び、Y君に呼ばれた。

呼ばれた場所は青山にあるパークタワーという超高級マンション。

最上階にはジャニー喜多川氏やジャニーズのタレントが住んでいるという噂もある。

 

マンションの中にゲストルームもあり、そこに呼ばれた。

部屋ではY君が数人を相手にプレゼンをしていた。

プレゼンが終わると、ダジリはY君と話した。

ダジリはアムウェイビジネスの難しさを体験していて、報酬プランもそこまで良くない事を知っていたのでビジネスをやるつもりは毛頭なかった。

そして、セミナーも極力参加つもりもなかった。

その事をY君に言い、その条件でダジリはサインした。

 

その日の帰り、普段は入れない屋上に特別に入れて貰った。

屋上では東京の景色が一望できた。

 

その後、Y君が東京に来る度に会い、時間があればY君がスピーカーのセミナーに3回程参加した。

一番驚いたのが渋谷本社のセミナーのゲストスピーカーでのギャラを数えているのを間近で見た事だ。

金額は正確には数えられなかったが、1回のゲスト料で数万円は超えていた。

その後、Y君に色々な事を教えて貰った。

 

しかし、ダジリはやはりアムウェイの世界観とは相性が合わず、あるきっかけでY君の本性を知り、1年後アムウェイの更新を辞めて退会した。

 

Y君からは度々連絡があったが、ダジリは連絡を絶った。

 

以上、かなりレアな体験をしたアムウェイ第二章の話でした。


スポンサードリンク