Hello, AMPs

ダジブロ

お金 、健康 、芸能、スポーツ、漫画 、オリジナル小説について記事を書いています!

ダジリがエンジニアになった理由


スポンサードリンク

f:id:masahirokanda:20200726215814j:plain

こんにちは

 

ダジリは元々、機械設計、CAEエンジニアをやっていた。

 

エンジニアになると何故かなったやなりたかった理由を回りから特別に聞かれる事が多い。

 

そう聞かれるとダジリはこう答える。

 

「就職の為で本質的にはお金の為」

 

理系の方が就職が良いと高校時代に言われ、理系になり、工学部の大学に進学した。

そして、大学時代も特に興味がなく、勉強していてエンジニアになった。

仮に、ダジリと同じ理由で工学部の大学に進学し、大学で勉強して仮にエンジニアになりたい理由が出てきたらダジリはそっちの方がブレていると思う。

 

つまり、ダジリは高校時代から何もブレていない。

エンジニアをやっていた頃から特に仕事に対してやる気はなかったし、もっとお金が稼げる仕事があれば、エンジニアに特に拘りはなかったので、ダジリはエンジニアを辞めた。

 

医者等、給料が高い仕事に就いている人も給料が良く安定してからという理由でなった人もたくさんいるし、もしそういう人が仕事に対してやる気がなくてもダジリは全然構わないと思う。

 

つまり世の中結局、やる気よりも能力の方が重要なのだ。

 

良く、就職活動で「志望理由」を聞かれる事が多い。

ダジリはそんなのはない。

 

強いて言えば、

「お金をより多く稼ぐ前提で自分の今の能力とキャリアで採用してくれそうだと思ったから」

 

しかし、絶対に言えないから言った事はない。

 

世の中、まずお金を稼ぐ事が前提でそれがあった上で自分がやりたい事を選べる立場にある。

極端な話、一生、仕事をしなくても十分なお金があれば自由に仕事を選べるのだ。

勿論、仕事をしない選択肢もある。

 

ダジリはお金を稼ぐ事と仕事は全く別物だと考えている。

だから、今、やりたい事がなくてもまずはお金を稼ぐ事が重要なのだ。

 

もし、やりたい事が将来出てきたら挑戦出来る権利が発生するからだ。


スポンサードリンク