Hello, AMPs

ダジブロ

お金 、健康 、芸能、スポーツ、漫画 、オリジナル小説について記事を書いています!

YouTuberは衰退するのか?


スポンサードリンク

今回は小学生の将来なりたい職業ランキング上位のYouTuberについて将来的に衰退するのか考察してみようと思う。

 

まず、YouTubeは動画投稿サイトのプラットフォームでYouTuberというコンテンツを提供するクリエイターが動画を投稿する事でそこに企業からの広告を掲載する事で運営している。

その広告費をYouTubeと掲載された回数や時間に、クリック数に応じてYouTuberが報酬として、貰う仕組みだ。

 

しかし、昨今、あまりにもYouTuberを目指す人が多いので、収益化の要件が厳しくなったのと、違法、不当な動画を投稿する投稿者が多いので、かなり厳しく精査されている。

YouTuber一本で食っていこうと思ったら、真っ当な動画のみを投稿し、経費で掛かる部分を考慮すると、尚且つ登録者数10万人、月の投稿動画本数20本は欲しいところだ。

 

そして、世間がクリエイターに求められる動画の質は昔と比べて、上がっており、よほど、面白いか自分の為になる動画かテレビ番組並みに質の高い動画でないと再生回数を伸びるのは厳しい。

 

近年、芸能人、知名人がYouTuberに参画していて、その視聴者の時間市場は彼らに取られつつある。

彼らが参画しようがしまないが視聴者の総視聴時間は変わらない。

何故なら、彼らがいようがいまないが日本の人口も変わらないし、1人1日24時間は変わらないし、1日の余暇の時間も変わらないからだ。

つまり、新しい参画者が出る事で既存のYouTuberの視聴者や視聴時間がどんどん減っていく事は間違いないのだ。

つまり、基本的にはYouTubeで成功できる人数は元々限られていて、YouTuber同士でそれの奪い合いなのだ。

つまり、自分が今からYouTuberを始めて成功しようと思ったら今上手く行っている人達を引きずり下ろすしかないのだ。

 

世の中はいつの時代も娯楽を求めている。

将来的にYouTube自体は残ると思うが、投稿する動画はハッキリ言って他人の真似事が多く、飽和している。

 

同じ事をやってもこの人だからみたいと思わせる人ではないと、なかなか再生回数は伸びないと思うがそんな人はなかなか現れないし、現れても人気は永遠には続かない。

 

将来的に昔やった内容はどんどん溜っていくので、永遠には新しい面白い事を考えて、実行する事は無理だ。

絶対に、いつかは昔やった事の真似事やそれに近い事を別の人間がやるだけになってくる。

そして、現在それは起きており、もう数年は経っていると思う。

 

だから、芸能界みたいに今いるYouTuberはいつか必ず飽きられて衰退するし、次の世代の新しい人がどんどん増え、また消えの繰り返しになってくる。

 

結論としてYouTuber自体は衰退しないが、必ずこれからますます入れ替わりが激しくなるのだ。


スポンサードリンク