Hello, AMPs

ダジブロ

お金 、健康 、芸能、スポーツ、漫画 、オリジナル小説について記事を書いています!

プロ野球史上最高世代 1960~1964年世代


スポンサードリンク

f:id:masahirokanda:20200726222034j:plain

さて、プロ野球史上最高世代の続きだ。

 

1964年世代

先発

斎藤

荒木

阿波野

西崎

新谷

石井

 

中継ぎ

平沼

橋本

仲田

藤本

御子柴

猪俣

 

抑え

広田

 

野手

捕手 古久保、高田、植田

一塁 石井

二塁 笘篠、福王

三塁 高橋

遊撃 川相

外野 彦野、宮里、羽生田、清水、荒井、畠山、金子

 

1番 三 高橋

2番 遊 川相

3番 右 彦野

4番 一 石井

5番 中 畠山

6番 左 荒井

7番 二 笘篠

8番 DH 宮里

9番 捕 古久保

 

先発  9

中継ぎ 3

抑え  2

打撃  3

走塁  3

守備  4

控え   4

合計   28

 

短評

先発投手陣は斎藤、西崎を中心にローテーション投手が6人揃っている。

中継ぎ、抑え陣はやや弱いか。

一方、打撃陣は石井を中心だが、全体的には弱い。

 

1963年世代

先発

工藤

園川

槇原

宮本

伊東

伊藤敦

 

中継ぎ

古溝

松本

西川

酒井

斎藤

伊藤優

 

抑え

伊藤隆

 

野手

捕手 村田

一塁 若井、森

二塁 渡辺、藤野

三塁 金村、藤本、清水

遊撃 勝呂

外野  吉村、音、鈴木貴、鈴木慶、吉川、横谷

 

1番 二 渡辺

2番 遊 勝呂

3番 右 吉村

4番 DH 金村

5番 中 鈴木貴

6番 三 藤本

7番 捕 村田

8番 左  音

9番 一 若井

 

先発  8

中継ぎ 4

抑え  2

打撃  5

走塁  2

守備  3

控え   3

合計   27

 

短評

先発投手陣は工藤、園川、槇原、宮本、伊東、伊藤敦の6人各球団エースクラスの投手が揃っている。

中継ぎ、抑え陣はやや弱いか。

打撃陣は吉村、金村、鈴木貴を中心だが、やや弱いか。

 

1962年世代

先発

佐々木

小川

小野

欠端

矢野

高山

 

中継ぎ

井上

西本

西村

石本

久保

 

抑え

中西

 

野手

捕手 伊東、山下

一塁 駒田、愛甲

二塁 和田

三塁 本西

遊撃 山脇

外野  秋山、藤井、広澤、山崎、横田、秦、中島、安部

 

1番 三 本西

2番 二 和田

3番 中 秋山

4番 右 広澤

5番 一 駒田

6番 DH 愛甲

7番 左 藤井

8番 捕 伊東

9番 遊 山脇

 

先発  3

中継ぎ 4

抑え  5

打撃  9

走塁  6

守備  7

控え   9

合計   43

 

短評

打撃陣は秋山、広澤、駒田、愛甲、藤井と強打者が多く、脇を本西、和田、伊東、山脇が固める強力打線だ。

控えも山崎、横田、秦、中島、安部とかなり厚い。

一方、投手陣は先発、中継ぎ、抑え全てやや弱いか。

 

1961年世代

先発

長冨

高野

佐藤

関根

高橋

山村

 

中継ぎ

清川

鹿島

小田

石井

高田

中村

 

抑え

牛島

 

野手

捕手 香川、藤田、山中、小松崎

一塁 小早川

二塁 正田、仁村

三塁 白井、銚子

遊撃 広瀬、岡崎

外野  長嶋、栗山、鴻野、西岡

 

1番 二 正田

2番 遊 広瀬

3番 右 長嶋

4番 一 小早川

5番 三 白井

6番 捕 香川

7番 DH 岡崎 

8番 中 栗山

9番 左 鴻野

 

先発  2

中継ぎ 6

抑え  7

打撃  4

走塁  7

守備  6

控え   7

合計   39

 

短評

先発投手陣は長冨、高野しか計算できる投手はいなく、かなり苦しいか。

しかし、中継ぎ清川、鹿島、抑え牛島がおり勝ちパターンがはっきりしており強力だ。

一方、打撃陣は正田、長嶋、小早川を中心とているがややパンチ力に欠ける。

しかし、正田、広瀬、岡崎等、走れる選手が多い。

 

1960年世代

先発

金石

川端

工藤

白武

田中

右田

 

中継ぎ

石川

関口

黒原

桑田

水谷

良川

 

抑え

津田

 

野手

捕手 木戸、岡本、内田、吉田

一塁 大野

二塁 福良

三塁 松永

遊撃 森脇、小川

外野  石嶺、吉竹、川又、山森、西田、嶋田

 

1番 二 福良

2番 遊 森脇

3番 三 松永

4番 右 石嶺

5番 中 川又

6番 左 吉竹

7番 DH 西田

8番 捕 木戸

9番 一 大野

 

先発  4

中継ぎ 5

抑え  7

打撃  6

走塁  3

守備  5

控え   6

合計   36

 

短評

先発投手陣は金石、工藤、川端が中心となるがやや弱いか。

しかし、抑えには絶対的な守護神、津田が存在する。

一方、打撃陣は松永、石嶺が主軸となり脇を福良、森脇、川又、吉竹、木戸、西田が固めバランスが良い。

 

続く


スポンサードリンク