Hello, AMPs

ダジブロ

お金 、健康 、芸能、スポーツ、漫画 、オリジナル小説について記事を書いています!

プロ野球史上最高世代 1940~1944年世代


スポンサードリンク

 

f:id:masahirokanda:20200726225359j:plain

さて、プロ野球史上最高世代の続きだ。

 

1944年世代

先発

安仁屋

高橋

尾崎

白石

八木沢

山下

 

中継ぎ

伊藤

田中章

田中調

田辺

及川

 

抑え

村上

 

野手

捕手 木俣、村上

一塁 大杉、高井、伊勢

二塁 飯塚

三塁 島谷、上河内、後藤

遊撃 東条、菊川

外野  井上、竹之内、長谷川、苑田

 

1番 遊 東条

2番 二 飯塚

3番 中  井上

4番 一 大杉

5番 三 島谷

6番 右 竹之内

7番 DH  高井

8番 捕 木俣

8番 中 長谷川

 

先発  7点

中継ぎ 5点

抑え  7点

打撃  8点

走塁  3点

守備  5点

控え    4点

合計    39点

 

短評

先発投手陣は安仁屋、高橋、尾崎、白石、八木沢、山下と6人が揃っている。

そして、抑えには村上がいて、安定感がある。

一方打撃陣は井上、大杉、島谷、竹之内、高井、木俣がいてかなりの強力打線だ。

 

1943年世代

先発

大石

鬼頭

佐々木

山本

宮崎

山中

 

中継ぎ

門岡

佐藤

井手

与田

横尾

与田

 

抑え

なし

 

野手

捕手 白、新宅

一塁 松原、広野

二塁 国貞、住友

三塁 大熊

遊撃 阪本、佐野

外野  長池、柴田、土井、池辺、島野、福富

 

1番 中 柴田

2番 遊 阪本

3番 右  長池

4番 左 土井

5番 一 松原

6番 DH 池辺

7番 捕 白

8番 三 大熊

9番 二 国貞

 

先発 -

中継ぎ -

抑え  -

打撃  10点

走塁  8点

守備  8点

控え     9点

合計   35(野手のみ)

 

短評

打撃陣は柴田、阪本、長池、土井、松原、池辺、白と史上最高クラスが揃う。

走力も1番に柴田がいて、脅威だ。

一方、投手は人数が足りないので、測定不能とした。

野手陣が良いだけに勿体ない世代だ。

 

1942年世代

先発

木原

佐藤

合田

徳久

高橋

渡辺

 

中継ぎ

近藤

横山

小野坂

荒川

大崎

 

抑え

宮本

 

野手

捕手 伊藤、辻

一塁 山口、小泉

二塁 土井、安井、江藤

三塁 森本

遊撃 米田、船田、松岡

外野   江尻、永渕、井石、宮原

 

1番 右 安井

2番 二 土井

3番 遊   船田

4番 中 江尻

5番 三 森本

6番 捕 伊藤

7番 右   永渕

8番 一 山口

9番 二 井石

 

先発  6点

中継ぎ 4点

抑え  3点

打撃  7点

走塁  7点

守備  6点

控え     5点

合計    38点

 

短評

先発投手は抜きんでた投手はいないもの、バランスが良い。

中継ぎ、抑え投手はやや劣るか。

一方、打撃陣は抜きんでた選手はいないものの本塁打を打てる選手が多く、強力だ。

走力を兼ね備える選手も多い。

 

1941年世代

先発

渡辺

石岡

石戸

井上

坂東

西村

 

中継ぎ

村瀬

森川

山崎

永易

新治

 

抑え

波山

 

野手

捕手 久保

一塁 武上

二塁 高木、鈴木、児玉

三塁 朝井、松村

遊撃 野田、山本、大阪、三宅、茅野

外野  末次、北川、石黒

 

1番 右 末次

2番 遊 野田

3番 一  武上

4番 二 高木

5番 左 石黒

6番 三  朝井

7番 中 北川

8番 捕 久保

9番 DH 鈴木

 

先発  4点

中継ぎ 2点

抑え  1点

打撃  2点

走塁  3点

守備  3点

控え     2点

合計    17点

 

短評

先発投手陣は渡辺、石戸、石岡の3本柱がいて次第点。

ただ、中継ぎ、抑えは駒不足か。

一方、打撃陣は高木のワンマンチームだ。

全体的、中心となる選手がいなく苦しい世代だ。

 

1940年世代

先発

大石

水谷

坂東

大羽

久保

河村

 

中継ぎ

石川

太田

緒方

佐々木

鈴木

 

抑え

安部

 

野手

捕手 岡村、辻、宮寺、岡本

一塁 王、高木

二塁 一枝

三塁 伊藤

遊撃 矢ノ浦、塩原

外野  張本、早瀬、西田、別部、矢野

 

1番 右 西田

2番 遊 矢ノ浦

3番 中  張本

4番 一 王

5番 捕 岡村

6番 DH 高木

7番 二 一枝

8番 左 早瀬

9番 三 伊藤

 

先発  8点

中継ぎ 3点

抑え  5点

打撃  8点

走塁  6点

守備  6点

控え     2点

合計    38点

 

短評

打撃陣は王、張本のレジェンド2枚を構え、破壊力は抜群だ。

走塁面も西田、矢ノ浦がいて、機動力を使って王、張本が返すという打線になりそうだ。

一方、投手陣も先発はエース大石を中心に水谷、坂東、大羽、久保、河村と粒揃いだ。

抑えは本来先発の安部を起用した。

 

続く。


スポンサードリンク