Hello, AMPs

ダジブロ

お金 、健康 、芸能、スポーツ、漫画 、オリジナル小説について記事を書いています!

ヒカルの碁考察 ~佐為は何故現代に蘇ったのか?~


スポンサードリンク

ヒカルの碁の佐為が何故現代に蘇ったのか?について解説したいと思います。

 

佐為は平安時代、大君に囲碁を指南していました。

そして、大君の指南役はもう一人いて対局に勝った方が指南役を続けられる勝負をしました。

佐為は相手のズルによって、心の動揺が抑えられないまま敗北しました。

そして、居場所がなくなった佐為はその2日後に自殺してしまいます。

 

成仏できないまま佐為の魂が碁盤に宿り、時を経て江戸時代の棋士、本因坊秀策に憑き、秀策の碁は全て佐為が打ってきました。

秀策が死ぬと、碁盤に佐為の魂は宿り、そこから百年以上の時を経て、ヒカルが祖父の蔵で漁っていた時に、ヒカルだけに血の跡が見え、現代ではヒカルに憑きました。

 

佐為が現代に蘇った理由は神はヒカルに囲碁に目覚めさせ、成長させる為でした。

佐為はヒカルの為に存在したのです。

 

佐為は現代の囲碁の最新研究を学び、その生まれ持った才能をさらに磨き、腕を挙げてきました。

そして、佐為はヒカルを成長させ、塔矢名人との一局で佐為の現代での役目は終わりました。

 

そして、ヒカルもまた誰かの為に存在する事になり、その誰かもまた別の誰かの為に存在する事になります。

こうやって、1000年、2000年の時が積み重なって神の一手に近づきます。

 

佐為が現代に蘇り最強になった事でヒカルだけではく現代の囲碁そのものを進化させたのです。


スポンサードリンク